スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100724 日光男体山

2010年7月24日(土) 晴 夕方一時雨

往路: 6:20東武浅草 -(東武快速)- 8:26/8:40東武日光
     -(東武バス)- 9:25二荒山神社前
復路:17:22光徳入口 -(東武バス)- 18:35/19:21東部日光
     -(東武各停)- 19:27/19:50下今市 -(東武特急)- 21:35浅草

9:50二荒山神社登山口(1,280m) - 10:25/30三合目 - 10:50/53四合目
- 11:55/12:10七合目 - 13:10/20頂上手前 - 13:30/40頂上(2,485m)
- 14:20/25 - 15:15/20志津乗越 - 15:50/55林道分岐
- 17:10光徳入口(1,400m)
(行動:7時間20分 うち休憩:58分)

1か月半ぶりの山行で,日光の男体山へ。

100724二荒山神社
  二荒山神社入口と中禅寺湖
金曜日は午前中に健康診断があり,バリウムを飲んだおかげでお腹がユルめ,また,夜の飲み会でも少し飲みすぎてしまい体調がよくないので土曜はどうしようかと迷いますが,6月初めの乾徳山以来,山から遠ざかっていたので,気合いで4時30分に目覚ましをセット。
朝起きると,少しアルコールも残っており頭も痛いのですが「どうせ登り始めの10:00頃までには抜けるだろう」と気力を振り絞って出発。東武浅草から日光行きの快速に乗ります。2時間以上あるので,ひと眠りと思いますが,ハイキングやゴルフ客で混雑,かつ皆さんテンションが高いので眠れませんでした。

東武日光駅からバスで中禅寺湖方面へ向かいますが,大型バスは登山客や海外からの観光客でほぼ満席に。バスからは頂上を雲に隠したとてつもなく大きな女峰山が広がります。「近いうちに女峰山へも。。。」と思っていましたが,気持ちが萎えるに十分でした。

二荒山神社にて登拝料500円を払い,登り始めます。4合目位までは歩きやすいのですが,段々と岩が増えてきます。岩の段差も大きくなり,体を持ち上げる度にドンドン力が取られてしまいます。ダブルストックを駆使して,全身に負荷を分散しようとしまいますが,かなりバテバテに。

100724途中の岩場
  七合目付近

途中で何度も引き返そうかと思いますが,上がらない足をユックリと進めます。
お腹の調子も悪かったので,朝からおにぎり1個しか食べていなかったことに気づき,アメやキャラメルを舐めながら足を出しますが,本当にユックリとしか足が動かなくなってきます。「頂上に上がれても無事降りれるのか?」と不安になります。富士山の時よりキツい状況に。。。
9合目からは傾斜が緩くなりますが,砂礫のため足が滑り,一歩一歩ほんとにユックリ進みました。

途中,登山靴のソールがベッコリはがれ困っている登山者がおり,持っていたテーピングを提供しグルグル巻きにして応急処置をしました。「5年くらい前に購入したものであまり履いていなかった」そうですが,経年劣化でしょうか?注意しなければいけませんね。

100724頂上手前
  頂上手前

なんとか頂上に到着。湧き立つ雲の合間から周囲の山々や麓の中禅寺湖が見え隠れ。

東側の麓から雲が湧き立ってきており,時々ゴロゴロと雷の音も聞こえるので,そそくさと志津乗越へ向けて下山開始。疲労が激しくフラフラして何度か足を滑らせそうになりヒヤッとしますが,ストックのおかげでなんとか転倒を免れます。ヒヤッとするたびに呼吸を整え気を引き締めて再スタート。

100724頂上から中禅寺湖
  頂上付近から中禅寺湖

志津乗越からは舗装された立派な林道を延々と歩きます。
本当は三本松のバス停に行くつもりでしたが,林道脇に「熊出没注意」の看板(何と前日の7/23にも出たようです)があったので,その道は迂回して光徳入口バス停へ。下山中はフラフラで気持ちも小さくなっていたので,熊鈴を鳴らしながら歩いていましたが,熊さんとご対面せず良かったです。

100724裏男体山林道
  裏男体山林道

バス亭でバスを待っている間に大雨となり,急いでカッパとザックカバーを付けやり過ごします。10分程の待ち時間でしたが,バス亭では立っているのもつらい位になってしまいます。何とかバスに乗り込み,車内で水分と食糧を補給して生き返り,今日の無事に安堵します。

一時的ですがホントに限界に近い体力状態でしたので,あと少し雨が早く降っていたら無事下山できていたか怪しいところです。これまでは標準コースタイム以内で十分歩けていたので,夕方まで行動する計画としていましたが,今回はコースタイムを目一杯使い時間的にも厳しくなりました。体調管理,雨に対応した装備,水分・行動食等 反省の多い山行となりました。
スポンサーサイト

コメント

No title

オケケさん

私が以前登った時には志津乗越側が長そうなので神社からピストン、そして温泉に直行でした。でもそっちの方がルート的に楽しそうですね。お疲れ様でした。

No title

wandererさん

志津乗越から長かったです。「また歩くか?」と聞かれると微妙です。今回はヘトヘトだったので,車に抜かれる度に密かに「乗せてくれれば」と思ってました。
男体山に続き,日光シリーズとして白根山・女峰山・太郎山等を狙っているのですが,公共交通利用での日帰りは時間的に難しそうで,思案中です。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。