スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

110917-19 奥穂高岳

往路:9/16 23:00新宿 -(バス:さわやか信州号)- 9/17 6:00上高地
復路:9/19 16:30上高地 -(バス:さわやか信州号)- 22:25新宿

<9/17(土) 雨>
6:45上高地 - 7:30/40明神 - 8/35/45徳沢 - 10:00横尾 [テン場泊]
(行動:3時間15分 うち休憩:20分,CT:3時間10分)

<9/18(日) 晴れ>
5:00横尾(1,620m) - 6:05/10本谷橋 - 7:35/40(休憩)
- 7:55/8:25涸沢ヒュッテ(2,300m) - 9:30/40ザイテングラート取付
- 10:55/11:15穂高岳山荘 - 12:10/20奥穂高岳(3,190m)
- 12:50/13:15穂高岳山荘 - 15:00/45涸沢ヒュッテ - 17:00/10本谷橋
- 18:00横尾 [テン場泊]
(行動:13時間00分 うち休憩:2時間40分,CT:10時間20分)

<9/19(月) 午前中:晴れ,昼過ぎから:雨>
7:15横尾 - 8:10/30徳沢 - 9:20/30明神 - 10:45/11:20河童橋 - 11:30上高地
(行動:4時間15分 うち休憩:1時間5分,CT:3時間10分)

広島のスノーボード仲間と,奥穂高岳へ。
今回,僕にとって初の北アルプス・テン泊山行です。
広島からの二人は,今シーズン,北穂~南岳~槍への縦走を果たしているツワモノですが,今回は僕にレベルを合わせ麓のベースから軽身でピストンするマイルドな計画を立ててくれました。

本当は,涸沢をベースにするため,初日の夕方に涸沢に集合予定でしたが,台風接近による通行止め等で広島からのメンバーが遅れ気味のため,急遽,横尾集合に変更。ということで10:00には横尾のテン場に到着してしまいます。

初テン泊なのですが,雨のなかテントを立てます。テントを立ててしまえば,意外とテントの中は快適。ザックから荷物を取り出し寝床を作り終えると,早速,行動食のナッツをつまみにビールを呑んでくつろぎます。ウトウトして気がつくと夕方に。

110917奥穂高岳_テント
(おろしたてのテント内部)

今回,食事は共同装備で準備しているので,おかずの材料を担いで来てくれるメンバーの到着を待ちます。到着が予定より1時間以上遅れ少しハラハラしますが無事到着。みんなで乾杯し食事に。炊きたての白米が上手い!
食事の後は,翌日の早立ちに備え,早めに寝ました。

20110918奥穂高岳_屏風岩
(夜明けの屏風岩と月)

日曜日は,3:30に起床し,5:00にテン場を出発。夜が明けきらないなかライトを付け,川沿いの道を涸沢に向け,歩き始めます。昨日までの雨がウソのような快晴。下山してこられる方々に「天気がよくで良かったですね~」と声を掛けられます。どんどん高度を上げ,穂高の稜線が見え始めます。

20110918奥穂高岳_涸沢
(涸沢への登り)

初めての涸沢に到着。周りの山々に守られているような気がして,穏やかな気分に。
ヒュッテの水場で水を補給して,本格的な登りに入ります。

20110918奥穂高岳_涸沢から穂高
(涸沢ヒュッテからの穂高の稜線)

ザイテングラートには,所々鎖もあり,石を落とさないように注意しながら足を進めます。初心者の自分にも,手足を使って岩を楽しみながら進むことができました。

高度を上げ,息が切れ始め,ヘロヘロになりながら穂高岳山荘に到着。ここから奥穂山頂までは岩場が多くなるとのことで,リーダだけがザックを背負い,私は小屋にザックをデポして空身で奥穂山頂に向かいます。(ということで山頂の写真はなし)

小屋から登り始めるとすぐに高度感のある鎖場がいくつかがあり,一歩一歩(一手一手?)確実に進みます。緊張はしますが,ここも楽しむことができました。そうこうしていると人が貯まっている山頂が見え始め,程なく到着。祠のある山頂によじ登ります。

山頂からは前穂への稜線,ジャンダルム~西穂への稜線がクッキリと見えます。どれも岩がカッコ良く「何時か歩きたい」と思わせられます。

下山は,登りと同じザイテングラートを下ります。ずっと涸沢ヒュッテは見えているのですが,なかなか近づきません。足も疲れており岩のトレイルに飽きはじめますが,ヒュッテでの「ビール」を思いながら休憩をガマン。そしてようやくヒュッテに到着。おでんと生ビールのセットを注文し,みんなで乾杯。(この後,横尾まで2時間の歩きがあるのですが。。。)

20110918奥穂高岳_涸沢おでん
(涸沢ヒュッテのビールとおでん。写真撮ることも忘れ一気に空いてしまいました。)

ヒュッテのテラスで,夕方の景色・登山者達のくつろいだ雰囲気に後ろ髪をひかれつつ,涸沢を出発。テントのある横尾に向かいます。そして,無事,横尾のテン場に到着。13時間の長い行動が終わりました。
街では見られないくっきりとした星空を見ながら,みんなと祝杯。そして今日も川音を聞きながら,テントでぐっすり眠ります。

20110919奥穂高岳_明神
(明神館と明神岳)

翌日も朝から晴。
後ろ髪を惹かれながら,7:00に横尾を出発。充実感を味わいながら,途中の緑・空気を堪能。途中,明神から梓川の右岸に渡り遊歩道を歩きます。豊富な水量の綺麗な流れに癒されます。

河童橋近くの売店で,お弁当とビールを買って,みんなでの最後の食事。
そしてゴールの上高地バスターミナルに到着。

広島からの二人とはここでお別れ。16:30発のバスには時間があるので,日帰り入浴の場所を聞き,汗を流します。風呂上がりに,またまたビール。ロビーで休憩後,バスターミナルに戻り,バス待ち。

ターミナルでは,ヤマケイの奥穂のDVDがエンドレスで流れており,昨日の行程を振り返ります。出演者の女の子が,穂高岳小屋からの御来光で涙しているのを見て,他の方の目気にしながら,もらい泣き。年を追うごとに涙腺が緩くなっています。

予定通り,16:30に上高地を出発。
3連休の最終日で,中央道が混みましたが,無事新宿に到着。メデタシ,メデタシの初アルプスでした。

20110919奥穂高岳_梓川から岳沢
(梓川と岳沢)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。