110827-28富士山(須走ルート)

2011年8月27日(土) 麓は曇り,上は霧雨 ,
2011年8月28日(日) 上は霧雨ときどき曇り,麓は曇り

往路:13:29新宿 -(小田急線)- 14:01/02相模大野 -(小田急線)-
14:45/15:00新松田 -(富士急バス)- 16:20須走五合目

復路:10:40須走五合目 - 12:00新松田 -(小田急線)- 新宿

16:45須走五合目(1,950m) - 17:30/40(休憩) - 18:25/40六合目
- 19:25/40本六合目 - 20:10小屋跡 - 21:10/20七合目 - 22:20/30本七合目
- 23:10/20八合目 - 0:00/10本八合目 - 0:45/55八合五勺 - 1:20/30(休憩)
- 1:55/2:05九合目 - 2:20/40(休憩) - 3:00/3:15(休憩)
- 3:30須走頂上(3,700m)
(行動:10時間45分 うち休憩:2時間15分,CT:7時間00分)

7:05須走頂上 - 7:45/55本八合目 - 8:00/10八合目 - 8:20本七合目
- 8:45/55七合目 - 9:20/30(休憩) - 9:45/55砂払五合 - 10:20須走五合目
(行動:3時間15分 うち休憩:50分,CT:3時間25分)

会社の同僚二人と富士山へ。
どちらも山歩き初心者のため,事前に何回か一緒山歩きに行ってから今回の富士山へと思っていましたが,なかなか予定が合わず,一人はぶっつけ本番となり,少し不安で当日を迎えます。

本当は,前週の8/20-21の予定でしたが,天候が悪いため今週に延期。しかし,今週も余り大気が安定せず,五合目では霧雨が降っています。下山してくる方々はみんなカッパを着ていて「山頂はドシャ降りですよ」とのことで,気持ちが萎えるに十分。しかしこれから天気が回復すると信じて,準備します。

高山病やバテが怖いので,身軽な同僚達がオーバペースにならないよう,歩き始めは自分の後をついてくるように伝えます。非常時の予備装備で,パンパンザック(55L)を背負った自分のユックリペースで歩き始めます。

110827登り1

七合目(2,900m)付近からは酸素が薄いのか,頭がくらくらし始め,フラフラしてストックに頼る場面が増えます。眠気も酷くなってきて,段々と同僚たちのペースに遅れ始めます。八合目は5分遅れで追い付いていましたが,九合目は30分近く遅れてしまったようで,同僚達は体を冷やしているようでした。ヘロヘロの自分と違い,同僚達はいたって元気だったので,山頂までは別行動にすることにしました。防寒着,カッパ,ブルーシートを準備してもらっているので,風雨になっても大丈夫との判断です。

九合目からは岩場が増え,一歩一歩の段差も大きく,本当にフラフラ。登山者も多くなり,他の方のペースについていけないので,気を使いながら歩きます。追い抜かれる際に「もう少しですよ。頑張りましょう!」と優しい方励ましてもらいながら,ゆっくりですが足を進めます。

そうこうしながら,なんとか山頂へ到着。既に凄い人で同僚達を探すのはあきらめ,山小屋の陰に風雨を避ける場所を見つけ,御来光を待ちます。

110827登り2

霧雨は降っていますが,風はあまり吹いておらず割と暖かい夜明け。段々と明るくなり期待が高まりますが,雲に隠れて御来光はお預け。その後同僚達と交流し,みんなで朝食を採ってから下山開始。

110827下山

今回は,リーダのはずが予想以上にバテバテに。しかし全員無事に下山。
みんなで祝杯をあげ,帰宅につきました。メデタシ,メデタシ。
スポンサーサイト

テーマ : 登山 - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)