山歩きの記録

【年代別リスト】
<<2009年>>
7/12 高尾/陣馬山~高尾山「山歩きデビュー」、7/26 箱根/足柄峠~金時山「展望なし」、8/1 箱根/明神ヶ岳~明星ヶ岳「今日も展望なし」、8/9-10 富士/富士山(須走ルート)「日本最高所と下山の膝痛」、9/5 箱根/神山~駒ケ岳「荒れた登山道」、9/26 那須/朝日岳~三本槍岳~茶臼岳「紅葉に感激」、10/11 上越/平標山「初の雨,寒さ」、10/17 那須/南月山「展望なし残念」、10/24 備北/吾妻山「麓をうろうろ」、12/24 箱根/足柄峠~金時山「冬晴れの富士」

<<2010年>>
5/9 茨城/筑波山「山歩き再開」、5/16 奥多摩/笹尾根(三頭山~三国山)「新緑シャワー」、5/22 横須賀/鷹取山「登山教室(3点確保基礎)」、6/5 中央沿線/乾徳山「登山教室(3点確保実践)」、7/24 日光/男体山「体調管理」、7/31 日光/白根山「単独の寂しさ」、8/7 志賀・草津/草津白根山「湯釜と高山植物」、8/21-22 富士/富士山(御殿場ルート)「御来光とロングトレイル」、11/13 那須/朝日岳~三本槍岳「冬直前」、11/20 高尾/高尾山~城山「観光地のハイキング」、11/23 高尾/陣馬山~明王峠「登山教室(セルフレスキュー・夜間歩行とビバーク体験)」

<<2011年>>
6/4 高尾/高尾山~影信山~明王峠「山歩き再開」、7/23 那須/茶臼岳「夏の那須」、8/27-28 富士/富士山(須走ルート)「リーダ山行」、9/17-19 北アルプス/奥穂高岳「初アルプス・初テン泊」、11/5 上州/妙義山「岩場と紅葉」、11/13 丹沢/塔ノ岳「稜線歩き」

<<2012年>>
8/25-26 富士/富士山(須走~御殿場ルート) 「快晴の富士」、11/4 上州/赤城山 「冬の入口」

<<2017年>>
7/2 高尾/高尾山~影信山~明王峠「山歩き再開」
7/23 日光/戦場ヶ原~湯ノ湖「山に登らず散策」

【地域別リスト】
<<那須>>
09/9/26 朝日岳~三本槍岳~茶臼岳「紅葉に感激」、09/10/17 南月山「展望なし残念」、10/11/13 朝日岳~三本槍岳「冬直前」、11/ 7/23 茶臼岳「夏の那須」
<<日光>>
10/ 7/24 男体山「体調管理」、10/ 7/31 白根山「単独の寂しさ」、17/ 7/23 戦場ヶ原~湯ノ湖「山に登らず散策」
<<上越>>
09/10/11 平標山「初の雨,寒さ」
<<志賀・草津>>
10/8/7 草津白根山「湯釜と高山植物」
<<上州>>
11/11/5 妙義山「岩場と紅葉」
12/11/4 赤城山「冬の入口」
<<茨城>>
10/5/9 筑波山「山歩き再開」
<<横須賀>>
10/5/22 鷹取山「登山教室(3点確保基礎)」
<<丹沢>>
11/11/13 塔ノ岳「稜線歩き」
<<箱根>>
09/7/26 足柄峠~金時山「展望なし」、09/8/1 明神ヶ岳~明星ヶ岳 「今日も展望なし」、09/9/5 神山~駒ケ岳「荒れた登山道」、09/12/24 足柄~金時山「冬晴れの富士」
<<富士>>
09/8/9-10 富士山(須走ルート)「日本最高所と下山の膝痛」、10/8/21-22 富士山(御殿場ルート)「御来光とロングトレイル」、11/8/27-28 富士山(須走ルート)「リーダ山行」、12/8/25-26 富士山(須走~御殿場ルート)「快晴の富士」
<<高尾>>
09/7/12 陣馬山~高尾山「山歩きデビュー」、10/11/20 高尾山~城山「観光地のハイキング」、10/11/23 陣馬山~明王峠「登山教室(セルフレスキュー・夜間歩行とビバーク体験)」、11/6/4 高尾山~影信山~明王峠「山歩き再開」、17/ 7/2 高尾山~影信山~明王峠「山歩き再開」
<<奥多摩>>
10/5/16 笹尾根(三頭山~三国山)「新緑シャワー」
<<中央沿線>>
10/6/5 乾徳山「登山教室(3点確保実践)」
<<北アルプス>>
11/9/17-19 奥穂高岳「初アルプス・初テン泊」
<<中国地方>>
09/10/24 吾妻山「麓をうろうろ」
スポンサーサイト

170723戦場ヶ原~湯ノ湖

7/23(日) 曇り

<往路>
9:55 東武日光駅前 -(東武バス)- 11:03光徳入口

11:05光徳入口 - 11:23小田代橋分岐 - 11:40/53湯滝
- 12:30日光湯本ビジターセンター

※行動:1時間25分 うち休憩:13分(CT:1時間30分)

<復路>
13:30湯元温泉 -(東武バス)- 14:10/14:50中善寺温泉 -(東武バス)- 15:27東武日光駅

富士山の足慣らし山行第二回目として、今日は雨は夕方からという予報を信じて、男体山に登るつもりでした。が、日光駅に着くと丁度良いタイミングで雨が本降りとなり、気持ちが萎えてしまい、大事を取って男体山は中止に。

急遽、日光東照宮を見物&湯本温泉に予定を変更。
東照宮見物してたころが一番雨が酷かったのですが、湯本温泉につく頃には雨も上がって、しばらく持ちそうな空模様。再度の予定変更で、湯元温泉の手前でバスを降り、戦場ヶ原を散策して湯本温泉に向かうことにしました。

途中の渓流ではルアーマン、フライマンが何人かいて、釣り人魂を揺さぶられました。

無事、散策・温泉をすませ、中禅寺温泉で食事をして帰宅しました。
結果、これまで未踏破だった区間が繋がり、めでたし?(丸沼温泉スキー場 ~日光白根山 ~ 湯本温泉 ~ 戦場ヶ原 ~ 志津乗越 ~ 男体山 ~ 二荒山神社中宮)

20170723senjo
(戦場ヶ原から男体山)

20170723taki
(湯滝)

20170723yunoko
(湯ノ湖から男体山)

170702高尾山~相模湖

7/2(日) 曇り
9:07高尾山口駅(210m) - 9:45/50稲荷山 - 10:30/40高尾山(599m)
- 11:30/40城山(670m) - 12:30/40景信山(727m) - 13:45/00明王峠(m)
- 14:30/40ショウノ塚 - 15:30相模湖駅
※行動:6時間23分 うち休憩:65分(CT:6時間30分)

4シーズンぶりの山歩きは、会社の同僚と高尾山へ。

20170702MtFuji
(高尾山頂からの富士山)

続きを読む »

ドキュメント生還

ヤマケイ文庫「ドキュメント 生還 山岳遭難からの救出」を読みました。

どの例も「自分でもやってしまうかも」と思わせられる例ばかりで,あらためて「迷ったら,来た道を引き返す」「むやみに動かない」ことの重要性を再確認させれらました。

しかし,「迷わないように歩く」ことが一番重要とも感じました。漫然と歩くのではなく,常に現在位置を想定しながら適宜(分岐や,目立った地形では)検証することが大事かと。また,迷ったことでパニックにならないよう,常に第3者的に冷静に自分を見ておくことも大事かと感じました。

冷静にいられるためには,体力・装備(水・非常食,ビバークのためのツエルト・火,地図 等)が重要とも感じました。日帰りでも省いてはいけませんね。

121104 赤城山

久々の山歩きは、会社の同僚と赤城山へ。

11/4(日) 快晴
8:30ビジターセンター(1,375m) - 8:50赤城神社 - 9:00黒槍山登山口
  - 10:35/45黒槍山(1,827m) - 11:35/12:20駒ケ岳(1,690m)
  - 12:50駒ケ岳登山口 - 13:10ビジターセンター(1,375m)
   (行動:4時間40分 うち休憩:55分,CT:3時間25分)

20121104赤城山
(赤城神社からの黒槍山)

続きを読む »